虫歯治療

虫歯について

虫歯がについてイメージ虫歯はお口の中にいる「ミュータンス菌」が、糖を分解するときに作り出す「酸」により、歯質が溶け(脱灰)、歯が崩れていくことをいいます。また、ミュータンス菌は砂糖を分解してどろどろした粘着性物質(デキストラン)を作ります。

 

この分解したどろどろにより、細菌と食べカスがひとつの塊となり、歯に付着するのが、歯垢(プラーク)と呼ばれるものです。この歯垢に含まれるミュータンス菌が、砂糖を分解して酸を作り歯の表面を溶かすことで、虫歯がはじまります。

虫歯ができる原因

虫歯ができる4つ原因イメージ虫歯は「歯質、食物(糖類・特に砂糖)、細菌、時間」の4つがそろった時に虫歯ができやすくなります。なるべく、この4つの条件を避け、虫歯にならないようにしましょう。

 

歯質
歯には、でこぼこや細い溝があるため汚れが残りやすく、歯の質が弱い方、歯並びがよくない方など、人によって虫歯になるリスクが異なります。

 

食物
食べた時にお口に残るカスのことですが、砂糖は特に虫歯菌が好み、酸を出して歯を溶かします。

 

細菌
お口の中にいる常在菌のことで、虫歯菌が主に原因菌となります。

 

時間
時間の経過により虫歯菌が出す酸に歯質が溶かされます。食後は特に、お口の中が酸性に傾きます。

虫歯治療の流れについて

小さい虫歯の場合は1日で治療が終わりますが、詰め物が必要な大きい虫歯の場合、2~3度ご来院いただき治療が終わります。

虫歯の個所を除去します

虫歯の位置を確認します虫歯の位置を確認し、きれいに取り除きます。

削った部分の詰め物をお作りします

削った部分の詰め物をお作りします型取りを行い、詰め物をお作りします。次回ご来院時に取り付けを行います。

詰め物を取り付けます

詰め物を取り付けます出来上がった詰め物を取り付け、噛みあわせの調整を行い接着して治療完了です。

 

 

白い詰め物にした場合の症例

虫歯治療 虫歯後に白い詰め物

詰め物を金属ではなく白い物にすることも可能ですが、虫歯の深さ・大きさにより
ご希望に添えない場合があります。また、金属よりも耐久性が低く割れやすいため、

なるべく金属の方をお勧めしています。詳しくは治療前に担当医にご相談ください。