歯の怪我(ぐらつき・抜け)

歯がぐらつく・折れてしまった場合

歯の差し歯歯をぶつけて、ぐらついてしまった場合、左右の歯と一時的に接着を行い固定します。1ヶ月ほど様子をみて問題がなければ接着を外して治療終了です。

 

歯が折れてしまい根元が残っている場合は、義歯をお作りして根元を利用して差し歯にして治療を行います。

歯が抜けてしまった場合

歯が抜けてしまった場合歯が抜けてしまい、お手元に綺麗な状態でお持ちの場合(ただし抜けてから30分以内*)は、歯についた汚れを落としたうえで、抜けた個所に戻して様子を見ます。

 

抜けた歯がない場合や、元の位置に戻せない場合は、左右の歯を利用したブリッジなどで対応します。

 

*抜けた歯の扱いについては「歯のQ&A:子供が歯をぶつけ、抜けてしまいました。どうしたらよいでしょう」をご参考ください。

怪我治療の流れについて

お口をぶつけて、歯がぐらついている治療の流れについてご紹介いたします。

歯がぐらついている左右に樹脂を塗ります

歯がぐらついている左右に樹脂を塗ります患部をきれいにした上で、左右の歯と固定する樹脂を塗っていきます。

樹脂を固め接着させます

特殊な光で樹脂を固め、樹脂を固め接着させます左右の歯と固定します。

樹脂が固まり治療が完了です

樹脂を固め治療が完了です樹脂は歯と同じ白いため目立ちません。1ヶ月後、状態を見て問題がなければ接着を外します。