歯のQ&A

3才児検診で噛み合わせが反対と指摘されました

歯の先生噛み合わせが反対の症状(反対噛合)の場合、そのままの状態にしておくと、顎の成長を抑えてしまうことがありますので、早めに治療されることをお勧めします。

 

遺伝や習慣性などの原因によって治療方法が異なりますので、一度検査をおこなってはいかがでしょうか。

 

 

 

 

Q&Aの目次に戻る