歯のQ&A

歯が生えてきたら、どのように磨いてあげたらいいでしょうか

歯の先生赤ちゃんは歯磨きというより、乾いたガーゼやコットンなどで歯を拭いたり、少量の湯冷ましを飲ませるようにするといいでしょう。 また、歯磨きも大切ですが、甘味が強い食べ物を与えないように注意してください。それは、自然な薄味で満足が得られる味覚形成が重要だからです。

 

また、手にしたものを口に入れたがる時期は、歯ブラシに慣れるために赤ちゃん用ブラシをおもちゃの代わりとして渡してあげることもいいと思います。

 

歯ブラシは1歳前後から使用して磨いてあげましょう。本人が磨くことが出来なくても、この頃から「食べたら磨く」習慣をつけさせるためにも歯ブラシを持たせるといいと思います。


歯ブラシすると子供が嫌がる・・・

かなりお困りの方も多いと思います。まれに歯磨きをさせてくれるお子さんもいますが、4歳位までの多くの子供が嫌がります。これにはいくつか理由が考えられます。


歯ブラシが歯茎にあたり痛く感じる

ただ磨くことに集中したり、力加減によって痛く感じることがあります。歯ブラシを持つ強さは、自分の手の甲に当てて、軽くこすられる感じが理想です。まず、まっすぐに子供を寝かせ、あぐらを組んだ中央に頭を乗せて覗き込むようにすると安定し良く見えます。 上の前歯は人差し指全体でガードすると良く見えます(このとき唇の裏のスジをひっかけないように注意してください)。奥歯は人差し指全体を使い頬をひっぱってあげると良く見えます。


自立心の芽生え

2~3歳になると、自分で歯磨きをしたがるようになって仕上げ磨きは大変だと思います。自分で磨いても磨き残しが沢山あり、すぐに虫歯になりますので注意して下さい。家族みんなで「一緒に歯磨きしようね♪」と声をかけてみてください。お子さんに「お母さんのお口も磨いて」と声をかけ磨いてもらった後に「次は、お母さんにも磨かせて♪」と、交互に磨きあうのもいいと思います。

 

恐怖心

熱心に磨いている親御さんの顔が怖く感じたり、強めの力で押さえられている感覚が怖く感じる時があります。はじめはお子さんの機嫌が良い時は時間をかけ、嫌がっている時は強引に磨かず、少しおおざっぱでもかまいませんので「今日はゴシゴシ10回だけね」と、短めに行ってもいいかもしれません(または、お口をゆすぐだけなど)。次第に歯磨きに慣れてくるのを待ってみましょう。

 

徐々に「歯磨きは大切」という感覚や磨く習慣が分かってもらえれば良いと思います。しかし、毎日歯磨きを嫌がるお子さんですと虫歯になってしまいますので、少し機嫌が悪くても歯磨きをしてあげましょう。そして定期的に歯科検診を受けることをお勧めします。

Q&Aの目次に戻る