歯のQ&A

歯ぐきに小さな真珠のようなものがあります

歯の先生それは、上皮真珠(ジョウヒシンジュ)というもので、乳歯がはえる前の歯ぐきに現れる真珠のような小さな半球形のかたまりです。

 

状態も様々で、一つだけ大きいものや、小さいものが繋がっているものなどがあり、歯がはえてきたと間違いやすいようです。

 

この上皮真珠ができる原因ですが、歯が作られたときに組織の一部が残り歯ぐきの表面に出てくるものと思われます。自然に消えていきますので、治療の必要はありません。

Q&Aの目次に戻る